読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するラコブログ

バックパック旅行記や、辛いもの、ビールのこと、書き留めておかなきゃ忘れそうな些細な思いを綴ってゆきます。

カンボジア・タイ・ミャンマーの旅*プノンペン1日目④〜ホテルトラブルと美味しいビール

マーケットを後にして、さ〜て、ホテルに戻ってシャワー浴びてビールでも飲んで今日は早く寝るかねえ〜・・・と歩き始めたんだけど、そうは問屋が卸さなかったって話です。問屋さんは厳しいなあ。

 

f:id:raco-tabi:20170203151322j:plain

やっと”問屋が卸した”の図w。これが1杯100円ですよお父さん!!

 

 

 *プノンペン1日目④〜ホテルトラブルと美味しいビール*

 

 セントラルマーケット(市場)を出ると、そのの周囲にもジュースやお菓子などの小さなスタンドが点在している。面白かったのは、豚肉のジャーキー?をローラーが付いた器械を回して伸ばしたもの。渡航前に、ちょうどこれと同じモノの専門店が『日本初上陸!』と謳って銀座にオープンしていたのを思い出した。そこでは手のひらサイズのものが1枚600円程で販売されていたが、現地では両手に山盛りのポーションで100円チョイ。帰国してからモノを買うのが嫌になりそうで心配になる。それにしてもこの食品の味が気になるところだが、生憎おなかいっぱいで、この盛りは到底食べられそうにない。お店のおばちゃんに「お金は一人前分払うから、少しだけ打ってくれませんか?」という感じのジェスチャーを何度か見せていると、おもむろに1枚だけ作ってくれて、私にア〜ンして食べさせてくれた。どうやら意図は伝わっていたようだ。頂いてみると、甘みが強くフワフワと柔らかいポークジャーキーだった。うん・・・すごく甘い。一皿買ってしまわなくて、本当に良かった。財布を取り出すと、いらないいらない、と手でペッペッとしてくれる。ご親切、痛み入ります。おばちゃんと記念撮影して、帰路につく。
 途中、道の片隅で酒盛りをしているおっちゃん5人組を見つける。そういえば、ビールってどこで買えるんだろう?おっちゃん達に尋ねてみると、すぐ近くの店を教えてくれた。袋菓子やタバコ、各種飲料などを扱う、昭和の駄菓子屋のような店だった。輸入ビールもあったが、せっかくカンボジアにいるのだからカンボジアのビールを2種類選び、再び帰路へ着く。
 さて、ホテルのすぐ近くまで迷わずに着いたのだが、地図ではここのはずなのに、ホテルがない。というか、”White River Guest House Ⅱ”という名前でエントランスの雰囲気もすごく似ているのに、明らかに別のゲストハウス。へ?何?どうゆうこと?夢コレ?狐につままれること数分。フロントの人に地図を見せたり予約サイトの予約画面を見せたりとしているうちに、どうやら私は”White River Guest House『Ⅰ』”にチェックインしてしまっていたのだとわかった。そして『Ⅱ』の方に既に宿泊費が振り込まれているというではないか!なんてこった!!さっき『Ⅰ』にチェックインの際、現金で支払っているので、見事に二重決済だ!『Ⅰ』と『Ⅱ』は50メートル程の距離。急いで『Ⅰ』へ戻り、「到着した時にちゃんと予約画面を見せたのに、なんでここのスタッフはオッケーオッケーってチェックインさせたんだよ!こっちは『Ⅰ』じゃんかよ!『Ⅱ』に泊まるからお金返してよ!!」と抗議。思ったよりすんなり理解してくれて、無事に『Ⅱ』へチェックインし直すことができた。あ〜びくりした。嬉しいことに、正しく泊まり直した『Ⅱ』の方が清潔で明るく汗臭くもなく、電気も扇風機も稼働しており、1階に併設のバー&レストランも居心地よく、スタッフもフレンドリーで、Wi-Fiも繋がりやすい。8人部屋のドミは既に6人が使っていたが、それだけこちらの方か人気があるのも頷ける。いや、間違いに気づいて本当に良かった。
 やっと落ち着いたので、カラカラの喉を潤すために先ほど買ったビール(CAMBODIA Lager)を1本、ベランダで飲んでみる。バタバタしていたので、すっかり温くなってしまっていたが、味は悪くない。すっきりとした、後味の良いラガーだ。1本飲んで、シャワーを浴びて、温くなってしまったもう1本のビールは仕方ないのでフロントのお兄ちゃんに「よかったらいらない?」と聞いたら、バーの冷蔵庫に入れておいていいよとの事。ご親切、痛み入ります。さて、それはそれとして、冷たいビールが飲みたい!ということで、このバーでドラフトのAngkor Beerを頂くことに。これがまあ美味しいこと!しっかり新鮮な状態で雑味もなく、苦味のバランスも丁度良い!暑い国で風呂上がりにテラス席でTシャツ短パンで飲むというコンディションも手伝って、最&高!すっかりこのゲストハウスが気に入ったので、翌日の深夜バスもここで予約を済ませた。2杯目のビールを飲みながらこの日の日記をノートして、ビールの支払いをすると、なんとジョッキ1杯100円ではないか!・・・本当に、日本に帰りたくない・・・と、1日目にして帰国拒否しながら、この日はベッドに入るのだった。

f:id:raco-tabi:20170203151616j:plain

ポークジャーキーろ伸ばすローラー

 

f:id:raco-tabi:20170203151704j:plain

おばちゃんが一口味見させてくれた!ありがとー!

f:id:raco-tabi:20170203151751j:plain

暑い国で冷たいビール!あ〜、たった1日でバタバタしたなあ・・・・

f:id:raco-tabi:20170203151834j:plain

ドミはこんな感じ(翌朝撮影)。なかなか快適でした!