読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するラコブログ

バックパック旅行記や、辛いもの、ビールのこと、書き留めておかなきゃ忘れそうな些細な思いを綴ってゆきます。

カンボジア・タイ・ミャンマーの旅2016 *旅の始まり*2

本日は、ビフォー旅の第2回です。

 

*旅の始まり*2

f:id:raco-tabi:20170120185646j:plain

 カンボジアまで行くならば、是非とも近隣国にも足を伸ばしたい!そして陸路での国境越えをしてみたい!さて、どこへ行こう?
 東日本大震災と重なって行きそびれたタイはどうだろう。当時はゾウへの憧れからタイに興味を持ったのだが、ゾウ熱さめてからも、どこかやり残した感があったのだ。しかもその後のウッチー(同僚)情報によると11月のこの時期、タイのチェンマイで”コムローイ”というお祭があるそうで、運良く今回の旅程とぴったりの開催日ではないですか。これはもう、タイに行かない手はない。タイも決定。
 さて、あともう一ヶ国くらい立ち寄れそうだ。タイとラオスに住んだことのあるウッチーは、ラオスを勧めてくれた。とてものんびりとした、心地の良い国だそうだ。ベトナムはどうだろう?本場のバインミー、美味しいに違いない。いいなあ。が、ネットでいろいろ調べていると、不意にミャンマーという国が目に入った。ビルマの竪琴くらいしかイメージが湧かないけれど、どうやら近年かなりの勢いで近代化が進み(まあアジアどの国も少なからずそうだけれど)今の素朴な姿は今しか見られない、とか、まだ観光地化されておらず外国人も少ない、とか、人々は優しく治安も良い、とか…魅力的な記事に加えて、「あまりみんなが行かないようなところに行きたい」という冒険心をくすぐられ、ウッチーとバインミーを一蹴し、もう一ヶ国はミャンマーに決定した。
 ありがたいことに、ちょうど今年からカンボジアミャンマーとも日本からの直行便が就航したところだった。途中は陸路移動と決めていたので、立地からしてタイを間に挟んでカンボジアをスタートにするか、ミャンマーをスタートにするかの二択だった。両パターンのスケジュールプランを練ること数日。結果、カンボジア→タイ→ミャンマーの順で巡ることにした。さんざん悩んだ割に、決め手となったのは・・・カンだった。カンボジアではプノンペンでキリングフィールドにも立ち寄る予定で、旅のラストを過ごすのが大量虐殺の跡地というのは、どうも爽やかではないように思ったのだ。ミャンマーのことは想像しかできないけれど、なんとなくノンビリできそうなイメージで、気持ち良く帰国するにはこっちのパターンがベターという判断だ。(結局、この選択というか予測は大当たりとなる。)

 

 というわけで、ミャンマーだけ別の、地球の歩き方

 

 < /p>